自動車の事故が起きた際己が自動車の事故の被害者であるにもかかわらず、事故を起こした相手が非を一切容認しないことはたくさんみられます。ハタラクティブハケン

ひとつの例として、意識的に起こしたかったのではなく注意散漫で乗用車を激突された場面などにそういう言い合いに発展するケースがありえます。ロスミンローヤル 効かない

例えそうであっても、その場で車だけの物損して片付けられ、忘れた頃に後遺症が出た時にかかった病院の診断書類を警察に出すというのは遅れを取る事はしょうがなくなります。

それなら、交通事故の過失割合の認定にはどういう物差しがあるのでしょうか。

厳密に言うと警察署が結論付けるのは主に交通事故の責任があったのはどちらの車かという事であって、過失割合ではないのです。

さらに、最終的に決定された事故の責任者が知らされる事は有り得ないです。

それだから、過失割合は当事者の交渉の結果で決定されそれが賠償の基準となる訳です。

この場合に、両方が任意で加入できる保険に加入していなかった状況では、本人同士が直接相談します。

当然の事ですがそのやり方では、非論理的なやり取りになる時が多くなります。

まして、互いの言い分にギャップがあれば万一の場合、裁判での争いに入りますが、その場合貴重な時間と裁判費用大きな無駄です。

なのでほとんど互いの運転手に付く自動車保険会社、このようにお互いの自動車の保険会社に話し合いを頼む措置を活用して、相当な過失の割合を慎重に結論付けさせるのです。

この時、自動車の保険会社は過去の自動車での事故の訴訟の判断から導き出された基準、判例タイムズ等を参考に推定と交渉を行ってどちらに何割過失があるのかを出します。

そうは言っても車での事故の例では、巻き込まれてしまったのか起こしたのかを考える前にまず最初に警察に電話するのがルールです。

その上で保険の会社に電話をして、今後の話し合いをお願いするのが手順になります。

この手順さえ理解していれば双方の建設的でない交渉となる状況を未然に防止できるに違いありません。