外国為替証拠金取引をやる面白いところは一つの商品であるのですが、投資期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3種類の期間からどの種類を選択するのかということによって出資の方法が大きく違ってくるということにあるのです。

初めに外貨投資の「長期の投資」について見てみよう。

長期の投資というものは一年以上の出資を原則としています。

だいたい為替の相場で、一年以上も経った後のレートが円高だろうか、円安かどうかを予測するのは、たいてい難題なはずです。

正直なところ、「それほど後の未来のことは見当もつかない」となるのが実際のところだと思います。

予想もできないものを一生懸命に予想しようとも、無茶苦茶なのです。

そんなわけで、外貨を買ったと仮定して、そのタイミングでの価格よりも円高傾向になったとしても近いうちに円安に戻るはずだという程度のイメージでチャレンジするのがベストです。

為替差益を一生懸命に大きくすることではなく、その他の儲け言うなればスワップ金利で利益を上げることを一番のねらいと決めて出資しましょう。

言うまでもなく、短期的に為替変動の為のマイナスがなることがあります。

したがってこういうケースのような為替差損に影響のないよう、レバレッジをできるだけ少なめに抑える心がけは大事です。

外国為替証拠金取引(FX)は、損失がある範囲以上大きくなってしまうと追加保証金(追い証)が必要になったりあるいはロスカットがかかったりします。

損切りがかかったらその場で売り買いを決済する必要があり、長期の投資は厳しくなります。

例のような危険を避けるにはレバレッジ2?3倍ほどでトレードするのが安心です。

次は中期の場合の売り買いを説明します。

中期の投資のケースでは、最大でも1?2ヶ月位先を見越しての売り買いです。

為替の取引の場合、1ヶ月後のことはだいたい先読みしやすいと言われます。

G7等の世界的な集まりの議題や為替トレードに参加している人たちが何を点に関心があるかを考えれば、いくぶん推測できると思います。

上記のようにファンダメンタルズを見ながらも、グラフを参照することで、為替の相場の状況をわかるようになり、トレードを判断するといいと思います。

基本的に経済情勢とテクニックのどちらも良い感じであり、もしくは買いが一致した時は、まずその通りに動くと考えて良いのです。

その場合持ち高を増やしておく事で一層多くの利益を受け取れるのはほぼ確実です。

第三に短期のトレードのコツです。

この短期のトレードが示しているのはいわゆるデイトレードのことを言っています。

為替でデイトレードを行う場合は経済情勢は絡んでいないと明言していいです。

どうしてかというと翌日の為替の相場の動きに、経済の状態は絡んでいないからです。

この場合の、最大のカギは目を引く催しがあると、そのために為替のレートが目立って変化する瞬間を見過ごさないよう行動することです。

たとえば米国において雇用統計が出される、あるいは金融政策等により制作金利が動くくらいのイベント。

このように絶好の機会に変わり目を捉えるというわけで、短期のトレードでは技術的な知識が必要になる。