中古車の査定額を少しでも大きくするのに、、マイカーを売却する時期、タイミングも影響してきます。こちらからお店まで自動車で行って査定をお願いしなくてもインターネット上で中古車業者で売却額査定の問い合わせをお願いすれば売却相場価格を提示してくれますが、乗り換えを検討している車を多少でもお得に売ろうと考慮すれば、タイミングがある訳です。どのようなものがあるかと言えば、ひとつに走行距離でしょう。今までの走行距離はマイカーの買取額の査定をするにあたり影響の強い目安となるものとして認識されています。何kmくらいの走行距離で売却するのがベストかという話ですが自動車の買取査定に差が出てくる走行距離は5万キロですから、50000kmをオーバーするより前に買取査定をお願いして処分するのがよいと思います。メーターが10000kmと60000qではご存知の通りで、査定対象車の売却相場は評価が異なるはずです。それから車検があります。当然車検というのは費用が必要ですので車検が必要になるまでの期間が長いほど売却額は上積みされると感じる人が多いかもしれませんがそういったことはなく現実に車検時期は車の査定にはほとんど関係がありません。これについては少し実行してみると結構実感するはずです。車検に出す前は売り時としてもちょうど良いということになります。一方、査定を高額にするために、車検直後に売却額査定してもらおうとするのはお金と手間がかかるだけで、意味がないということになります。他にも専門業者に中古車を買い取ってもらうタイミングとしては2月と8月が有名です。と言いますのも、自動車買取店の決算期が3月と9月のところが多いためです。なので例えば、1月に売ろうとしたら少し待って2月に車の見積もりを専門業者にお願いして売却するのもありだと思います。それぞれの都合もあるでしょうから、皆が皆そのような機会に買い取ってもらうなどというわけにもいかないでしょうけれども、可能ならばそうした時期に売りに出すのが都合がいいかもしれません。