使用明細レシート保存義務はあるのか?。答えを最初にお伝えすると保管する義務は特別ありません。ある人によっては保管していることで自分自身が会計した証跡を持っておきたいと思う際保管すればよいですし、もしもそういう明細はいらないというのであればとっておく必然性はないのです。但し毎月送付されてくる利用明細書類との照合作業にはもれなくこのレシートは不可欠なのです。明細レシートをそれまでは最低限保管していないと、どこの場所でいつ頃いくら決済したのか?というのが定かでなくなってしまうだけでは済まず、誤った請求であったり二重請求に関する確認ができなくなってしまうため危ないです。特にクレジットを決済した額についてはレシートを保存していない限りは記憶しておくことはできないはずです。理想を言えば使用明細書が来るひと月ふた月程度の期間はちゃんと保管するようにしたいものである。クレジットのレシート処分の手段》クレジットカードの利用レシート処分手段は簡単なのです。見ず知らずの人に不正な利用をされないよう、バラバラに切って捨てるだけで大丈夫である。自宅用機械が自宅で利用できるならば使うほうが良いでしょう。なんと言ってもクレジットカードの使用を残しているレシートであるのだからクレカナンバー等個人情報の内容を知られる情報が書かれています。不要な明細レシートとは考えず処分は用心して行うようにして欲しい。防犯のために明細レシートにナンバーといった個人情報が書かれないケースも出てきているが、油断は禁物です。